永代供養 納骨 位牌 内位牌 野位牌 本位牌 寺位牌

永代供養 位牌について

位牌というのは故人を供養するために用意する、戒名などを記した木の板のことです。

 

起源は「霊の依代」で、これは古来の宗教と仏教の卒塔婆が混ざって形成された概念だと言われています。

 

簡単に言うと故人の魂が位牌に宿るという考え方です。

 

 

日本では禅宗とともに鎌倉時代に広まり、江戸時代には一般民衆にも浸透しました。

 

位牌には作成されるタイミング、用途に応じて、内位牌、野位牌、本位牌、寺位牌などの種類があります。

 

永代供養の需要は少子化、核家族化などの社会事情を背景に高まっていますが、

 

同様に位牌を預ける永代供養も近年その需要が高まってきています。

 

 

この背景には実家から離れて暮らす人が多くなっている、兄弟が少ない、

 

位牌を保管するためのスペースがない、などの理由があるようです。

 

「嫁いでいる身なので自分の親族の位牌を持っていくことに気が引ける」といったケースもあります。

 

 

料金的には一柱(位牌を数える単位を「柱」といいます)15万円程度からが多いようです。

 

中には10万円からというお寺さんもあります。

 

 

ただし、ほかの永代供養に付随するサービスも同様ですが、よくよく内容を確かめてみると、

 

別途費用がかかる場合があったり、永代といっても期限が設定されている場合がありますので、

 

契約前にご自身できちっと確認する必要があります。

 

 

永代供養墓の契約と同様、宗派は特に問わない場合が多いようです。

 

また檀家になる必要も、ほとんどの場合はありません。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養 位牌について関連ページ

お墓の探し方
永代供養のお墓の探し方と納骨、位牌について説明します。位牌というのは故人を供養するために用意する、戒名などを記した木の板のことです。
納骨について
永代供養墓のトラブルでもっとも多いのは、この納骨方法に対する理解が十分でないまま契約してしまったケースに見られるので、特に注意が必要です。
永代供養簿
永代供養簿とは、該当の永代供養墓にて供養されるべき故人の名前を記した名簿のことです。 例えば通常のお墓を立てる場合は当然お墓自体に故人の名前が刻まれるので、それで親族は先祖がここに眠っているのだなということを実感、確認することができます