永代供養 お墓参り お供え

永代供養墓のお参りとお供えについて

永代供養墓のお参りについて一昔前はこんなクレームがあったそうです。

 

すなわち、どこに向かって手を合わせればいいのかわからない

 

 

特に共同墓の場合は納骨堂のつくりによってはこういった事態は起きやすいといえます。

 

今でも施設によってはお参りに来た人に対して「故人はどこにいるの?」という印象を抱かせてしまう

 

場合もあるかもしれません。

 

このような点は永代供養墓を検討するに当たってしっかりと確認しておきたいポイントになります。

 

 

永代供養とはいってもできるなら積極的にお参りしてくださいと、遺族の方におすすめしている

 

お寺さんもあります。

 

なかにはお仏壇があり、さらにその下には専用の棚が設置され、故人が大切にしていたもの、

 

手紙、小物、日記などを保管できるようになっているお寺さんもあります。

 

 

後継者の問題で永代供養墓を選ばざるをえないような場合も、例えば夫婦であれば片方が生きているうちは

 

お墓参りをしたいと思うものではないでしょうか。

 

 

永代供養だからといって特に禁止されるようなお供え物はないとは思われますが、施設の形態管理の方法

 

などによっていろいろ事情はあるでしょうから、事前にお寺さんに確認するのがよいと思われます。

 

 

永代供養墓は施設の性質上広大な土地を必要としないので都心に近かったり、

 

また室内型であったりする場合が多いです。

 

これは忙しい現代人にとっては時間や天候に比較的左右されずに故人のお墓参りができるので

 

大変大きな利点になります。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養墓のお参りとお供えについて関連ページ

初盆の迎え方
初盆というのは故人が亡くなり、49日の法要が終わってから最初に迎えるお盆のことです。新盆とも呼ばれ通常のお盆よりも丁寧に故人を供養するのが一般的です。
仏壇とお供え
永代供養を行った場合の仏壇やお供えについて説明します。基本的に永代供養だからと言って変わったことはなく、通常の埋葬を行った方と同様仏壇は用意するべきです。
永代供養の法事
永代供養で埋葬した場合でも49日、初盆、一周忌など可能な限り親族自ら供養してあげたほうが故人は喜ぶでしょう。