永代供養 お墓参り 仏壇 法事 初盆 お供え お参り

永代供養のお墓参り、仏壇、法事などについて記事一覧

永代供養 初盆の迎え方

初盆というのは故人が亡くなり、49日の法要が終わってから最初に迎えるお盆のことです。新盆とも呼ばれ通常のお盆よりも丁寧に故人を供養するのが一般的です。本やネットなど多くの情報源で、初盆は故人が仏さんになってからはじめて里帰りをするイベントだという記述があります。しかしながら、ある浄土真宗のお坊さん曰...

≫続きを読む

永代供養墓のお参りとお供えについて

永代供養墓のお参りについて一昔前はこんなクレームがあったそうです。すなわち、どこに向かって手を合わせればいいのかわからない。特に共同墓の場合は納骨堂のつくりによってはこういった事態は起きやすいといえます。今でも施設によってはお参りに来た人に対して「故人はどこにいるの?」という印象を抱かせてしまう場合...

≫続きを読む

永代供養を行った場合の仏壇やお供えについて

永代供養でありがちな誤解として「永代供養を頼んだら仏壇もいらないし、お参りも必要ないんでしょ?」というものがあります。これは永代供養うんぬんではなく残された人が故人に対して何をしてあげたいか、何をしたいかという感情の問題です。永代供養が選ばれるケースの多くは、後継者がいないという現実的な制約を背景と...

≫続きを読む

永代供養の法事 49日、初盆、一周忌について

永代供養墓を選ぶ際の最大の利点は後継者を必要としないことです。永代供養は少子化などの社会的問題を背景に需要が高まってきた葬儀形態なのでこれは当然と言えば当然の利点です。しかしながら、次世代の後継者はいなくとも現世代が健在で故人の世話をできるうちは49日、初盆、一周忌など可能な限り親族自ら供養してあげ...

≫続きを読む

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>