永代供養 お墓・費用・料金 税金 永代供養権 永代使用権 違い

「永代供養権」と「永代使用権」の違いを理解していますか?

永代供養権の内容をしっかりと理解するためにはまず「永代使用権」と「永代供養権」との違いを

 

理解する必要があります。

 

 

永代使用権

永代使用権というのは、墓石を立て、親族が代々権利を継承していく、いわば従来の形式の

 

供養に付随する権利です。

 

この権利は文字通り「お墓を使用する権利」であり、お墓としての「土地」を購入しているのとは

 

意味が違います。

 

そのためお墓を購入しても不動産取得税や固定資産税といった税はかかりません

 

 

現行の永代使用権「保持者」が亡くなられた場合、継承者は墓地に名前を届け出て永代使用権を

 

継承していかなければなりません。

 

定められた期間を超えて管理料が未払いになったり、届出をせずにしたりすると永代使用権自体が

 

取り消されてしまいます。

 

つまり権利を継承してくれるあてがない場合、お墓を立てても一代限りで放置ということになって

 

しまうわけです。

 

 

永代供養権

一方、永代供養権の場合は「使用する権利」の購入ではなく、「お墓を供養、管理してもらえる権利」の

 

購入に当たります。

 

「永代」という言葉とは裏腹にほとんどの場合定められた期間が存在し、この点に注意は必要ですが

 

ともあれ一度「お墓を供養、管理してもらえる権利」を購入すれば、継承者がいなくとも

 

一定期間はお坊さんが定期的に供養・管理をしてくれるわけです。

 

一昔前はそれほど有名ではなかった永代供養墓が、ここ最近注目を集め始めているのには、

 

こういった事情があります。

 

 

永代供養墓を検討する際には、この違いをしっかり理解して、

 

自分のニーズにあっているか見極めることが大切です。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

「永代供養権」と「永代使用権」の違いを理解していますか?関連ページ

相続税の債務控除対象
永代供養料は相続税の債務控除対象になるか?残念ながら債務控除対象にはなりません。その理由は。。。
そもそも相続税って?
永代供養料が相続税の債務控除対象にあてはまらないことは先に書いたとおりです。しかし、そもそも相続税とはどういった性格の税なのでしょうか。個人的に少し気になったので調べてみました。