永代供養 お墓・費用・料金 税金 債務控除 相続税

永代供養料 相続税 そもそも相続税って?

ウィキペディアの「相続税」のページでは相続税の存在意義として次のような考え方があると

 

されています。

 

 

1、所得税の補完機能
2、富の集中排除機能

 

 

これは「富の再分配」という基本思想によるもので、例えばイギリスでは1974年まで贈与税がなかったた

 

め、富裕層の富の継承が容易に可能で、このことが深刻な貧富の差の拡大につながったといわれています。

 

 

永代供養料が相続税の債務控除対象にならないと聞くと残念なニュースに思えますが、

 

実際には相続税の申告を行う義務があるのはある一定以上の財産を継承する場合のみに限られます。

 

この金額を式にあらわすと次のようになります。

 

相続税の課税価格の合計−相続税の基礎控除(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数
=相続税の課税遺産総額

 

 

例えば残された家族が奥さんと子供3人の場合、9000万円以下であれば申告する必要はありません。

 

毎年のデータを平均してみてみますと、相続税を申告する必要があるのは亡くなられた方100人あたり

 

だいたい6人程度だということです。

 

 

ちなみにアメリカでは面白いことに2010年に相続税は一度廃止され、翌年にまた復活しています。

 

いろいろ考え方はありますが、やはりある一定の割合で財産の再分配をすべきという意見が

 

大勢を占めているようです。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養料 相続税 そもそも相続税って?関連ページ

相続税の債務控除対象
永代供養料は相続税の債務控除対象になるか?残念ながら債務控除対象にはなりません。その理由は。。。
「永代供養権」と「永代使用権」の違い
永代供養権の内容をしっかりと理解するためにはまず「永代供養権」と「永代使用権」の違いを理解する必要があります。