永代供養 お墓・費用・料金 税金 債務控除 相続税

永代供養料は相続税の債務控除対象になるか?

永代供養料は相続税の債務控除対象になるか?

 

先に結論から書きますと、永代供養にかかる費用は相続税の債務控除対象になりません

 

相続税の計算は取得することになる財産から相続する人が引き継ぐ債務と葬式にかかる代金を差し引いた

 

金額がもとになります。

 

式にあらわすと下記のとおりです。

 

財産ー債務+葬式代=課税対象

 

こう書くと永代供養料は債務控除の対象になってもよさそうに思えますが、

 

実際には葬式費用として取り扱わないものとして次のものが定義されています。

 

(1) 香典返戻費用
(2) 墓碑及び墓地の買入費並びに墓地の借入料
(3) 法会に要する費用
(4) 医学上又は裁判上の特別の処置に要した費用

 

このうち(3)の「法会に要する費用」にあたるのが永代供養料ということになります。

 

考え方としては、例えば葬式や通夜は各個人の事情によらず、誰かが亡くなれば必ず起きる

 

イベントであるが、49日法要や永代供養などは各個人の事情、必要によって生じる費用であって、

 

死亡に直接的に伴うものではないということだと思われます。

 

 

債務控除の対象となるものについては、たとえば葬儀場に支払う金額、通夜の飲食代、葬儀に際して、

 

お寺や神社などに支払う料金などがあります。

 

これらのものについてはすべて領収書を取っておくことが大切です。

 

 

ただし、相手がお寺さんの場合は「代金」という概念が通用せず、領収書をもらえないケースが多いので、

 

そういったときは支払日、支払い金額を自分なりにノートにメモしておくことが大切です。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養料は相続税の債務控除対象になるか?関連ページ

そもそも相続税って?
永代供養料が相続税の債務控除対象にあてはまらないことは先に書いたとおりです。しかし、そもそも相続税とはどういった性格の税なのでしょうか。個人的に少し気になったので調べてみました。
「永代供養権」と「永代使用権」の違い
永代供養権の内容をしっかりと理解するためにはまず「永代供養権」と「永代使用権」の違いを理解する必要があります。