永代供養 お墓・費用 健康保険 埋葬料 支給 補助

国民健康保険以外の健康保険からの埋葬料の支給


国民健康保険に加入していた方が亡くなられた場合、亡くなられた方の居住していた地域の

 

国民健康保険課に葬儀を行った人が申請することによって「葬祭費」がもらえることは

 

先に説明したとおりです。

 

では亡くなられた方が国民健康保険以外の健康保険に加入していた場合はどうなるのでしょうか。

 

 

この場合は「葬祭費」ではなく、「埋葬料」という名目の料金が支給されます。

 

受け取るのは亡くなられた加入者によって生計を維持していた方です。

 

この点は、葬儀を行った方が受け取る「葬祭費」の場合と若干仕組みが異なります。

 

 

亡くなられたのが加入者の方ではなく被扶養者であった場合は「埋葬料」ではなく「家族埋葬料」が

 

支給されます。

 

支給は申告制なので、申請しなければ受け取ることができないというのは「葬祭費」の場合と同じです。

 

 

申請先は管轄の社会保険事務所か勤務先の健康保険組合になります。該当者が亡くなられてから

 

2年以内に支給を受ける権利のある方が申請を行います。

 

「埋葬料」の額は加入者の方の月額給与1か月分、ただし、最高で98万円、最低で10万円という縛りが

 

あります。

 

「家族埋葬料」は加入者の方の給与に関わりなく、一律で10万円固定です。

 

 

下記が必要書類になります。

  • 健康保険埋葬料(費)請求書
  • 健康保険証
  • 印鑑
  • 葬儀費用の領収書
  • 死亡を証明する事業所の書類。事業主の場合は死亡診断書
  • 住民票・・・被扶養者以外で被保険者と生計を同じくしていた人が請求する場合
 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

国民健康保険以外の健康保険からの埋葬料の支給関連ページ

永代供養料の相場
永代供養墓の料金・相場については残念ながらそれほど定まった価格というものがありません。あえて言うなら10万から100万くらいといったところです
永代供養料 内訳
永代供養料金の主な内訳について説明します。その他、入会費・年会費・入檀料などについても事前に確認しておくといいでしょう。
表書き、水引きや熨斗
永代供養墓の料金支払いには無地、白色のお布施袋を使います。祝い事ではないので熨斗は用いず、水引きは双銀(そうぎん)や黒白、黄白を使います。
葬式代・葬祭費の支給
「葬祭費」というのは大雑把に言うと国民健康保険に加入していた人が亡くなられたときにもらえる葬式の費用のことです。「葬祭費」を受け取れるのは葬式を行った人です。親族に限らず、国民健康保険に加入していた人の葬式を行った場合は誰でももらえるというのはこの制度の意味を象徴しています。