永代供養 お墓・費用 葬式代 葬祭費 国民健康保険

国民健康保険からの葬式代・葬祭費の支給

世の中には学校では教えてもらえない様々な雑事が存在します。

 

葬儀自体は決して雑事ではありませんが、葬儀にまつわるこまごまとした決まりごと、

 

制度、しきたり、慣習などもそのひとつといえます。

 

 

それらのものごとは知らないなら知らないでそのまま何事もなくすんでいくものも多いですが、

 

知らないと損をして一生そのままというものもなかにはあります。

 

 

そのような知らないと損をするもののひとつに、国民健康保険の葬祭費という制度があります。

 

この「葬祭費」というのは大雑把に言うと国民健康保険に加入していた人が亡くなられたときにもらえる

 

葬式の費用のことです。

 

「葬祭費」を受け取れるのは葬式を行った人です。

 

 

親族に限らず、国民健康保険に加入していた人の葬式を行った場合は誰でももらえるというのは

 

この制度の意味を象徴しています。

 

「葬祭費」の額は各自治体によって異なりますが、おおよそ3万から7万円くらいの金額が一般的です。

 

 

地域によっては「葬祭費」以外の名目でほかの補助金が出る場合もありますので、

 

葬儀に際して資金繰りに不安がある場合は居住する地域の自治体に相談するといいでしょう。

 

 

一般的な必要書類は下記になります。

  • 国民健康保険葬祭費支給申請書
  • 国民健康保険証
  • 印鑑
  • 葬儀費用の領収書
  • 死亡診断書

 

 

葬儀を行った人が葬式の日から2年以内に申請するのが葬祭費受給の条件です。

 

申請先は亡くなられた方が住んでいた地域の国民健康保険課になります。

 

申請者の居住地域の国民健康保険課ではありません。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

国民健康保険からの葬式代・葬祭費の支給関連ページ

永代供養料の相場
永代供養墓の料金・相場については残念ながらそれほど定まった価格というものがありません。あえて言うなら10万から100万くらいといったところです
永代供養料 内訳
永代供養料金の主な内訳について説明します。その他、入会費・年会費・入檀料などについても事前に確認しておくといいでしょう。
表書き、水引きや熨斗
永代供養墓の料金支払いには無地、白色のお布施袋を使います。祝い事ではないので熨斗は用いず、水引きは双銀(そうぎん)や黒白、黄白を使います。
埋葬料の支給
亡くなられた方が国民健康保険以外の健康保険に加入していた場合、「葬祭費」ではなく、「埋葬料」という名目の料金が支給されます。