永代供養 お墓・費用・料金・相場 代金 金額 値段

永代供養料金の主な内訳 別途料金の確認は必須です!

永代供養墓の使用料金はおよそ10万円から100万円と、サービス内容によってかなり幅があります。

 

なかには300万円を超える価格のものもあり、当然、価格によって外観、納骨方法、供養様式など

 

かなり差がありますので、価格だけを見るのではなく必ず契約前に内容をよく確認することが大切です。

 

 

高ければ多くのサービスを含んでいるだろう、これだけの値段なのだから別途料金がかかることは

 

ないだろう、などという思い込みは危険です。

 

担当の僧侶の方ととことん話し合ってから決めなければなりません。

 

 

一般的な永代供養墓は一人当たりで料金が設定されていますが、場合によっては複数の遺骨を収納でき

 

料金もあまり高くならないという良心的なところもあります。

 

家族墓として利用したい場合や先祖の遺骨の改装も同時に行いたいという場合は

 

事前に相談するとよいでしょう。

 

 

一般的にお墓の供養や管理においてしっかりしているお寺さんではこういった細かな相談にも

 

よくのってくれる傾向があるように思われます。

 

 

下記に永代供養料金の主な内訳を載せておきます。

 

 

@永代供養料

  供養(祭祀)を行うことに対する費用

 

A使用料

  永代供養墓の墓所使用料

 

B納骨料

  遺骨を納骨する際にかかる費用

 

C刻字料

  納骨者名などを墓誌に彫刻する時にかかる費用

 

用語はあくまでも参考とし、個々のケースはよく担当の僧侶の方と話し合いましょう。
そのうえで別途料金がかかるのか一括なのかを確認しておくことが大切です。

 

その他、入会費・年会費・入檀料などについても事前に確認しておくといいでしょう。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養料金の主な内訳 別途料金の確認は必須です!関連ページ

永代供養料の相場
永代供養墓の料金・相場については残念ながらそれほど定まった価格というものがありません。あえて言うなら10万から100万くらいといったところです
表書き、水引きや熨斗
永代供養墓の料金支払いには無地、白色のお布施袋を使います。祝い事ではないので熨斗は用いず、水引きは双銀(そうぎん)や黒白、黄白を使います。
葬式代・葬祭費の支給
「葬祭費」というのは大雑把に言うと国民健康保険に加入していた人が亡くなられたときにもらえる葬式の費用のことです。「葬祭費」を受け取れるのは葬式を行った人です。親族に限らず、国民健康保険に加入していた人の葬式を行った場合は誰でももらえるというのはこの制度の意味を象徴しています。
埋葬料の支給
亡くなられた方が国民健康保険以外の健康保険に加入していた場合、「葬祭費」ではなく、「埋葬料」という名目の料金が支給されます。