永代供養 お墓・費用・料金・相場 水引 熨斗袋

永代供養料の一般的な料金・相場

永代供養墓の料金・相場については残念ながらそれほど定まった価格というものがありません。

 

あえて言うなら10万から100万くらいといったところですが、これはちょっと相場と呼ぶには

 

幅がありすぎますし、何より契約内容に個々のケースで違いがありすぎるので

 

一概に価格だけで判断するのは難しい面があります。

 

 

何が原因でこうなっているのかと言いますと、ひとつには永代供養墓と呼ばれるサービスの内容が

 

個々のお寺や宗派、または施設の充実度によって無限に変化するということがあります。

 

同じ宗教、宗派であってすらお寺が変われば料金もサービス内容も変わることは普通にあります。

 

 

このような状況にあって我々消費者がひとつ原則として理解しておくと助かるのは、

 

単独墓より共同墓単独墓から共同墓へ移行するようなケースの場合は、

 

単独墓の期間が短ければ短いほど料金は安くなるということです。

 

 

これ以外の要素、例えば納骨する施設の充実度であるとか、お墓のかわりに桜の木を使うとか

 

様々な要素によって価格は無限に変わっていきますが、この原則だけはおそらくどこのお寺に

 

頼んでもかわりません。

 

また、永代供養墓を選ぶにあたって特に注意しておきたいのは見栄をはらない、ということです。

 

葬儀関係のイベントは基本的に大切な人が亡くなって間もないタイミング、精神的に余裕のない

 

タイミングで行われます。

 

 

ですから場合によってはお寺さんのアドバイスに反論する気力がなく、

 

言われるがままに契約してしまうケースもないとはいいきれません。

 

 

故人の供養のために残された親族が苦しい生活を強いられるようでは

 

話がちょっとおかしくなってしまいます。

 

故人との絆のために自分が払える金額を冷静に判断することが重要です。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養料の一般的な料金・相場関連ページ

永代供養料 内訳
永代供養料金の主な内訳について説明します。その他、入会費・年会費・入檀料などについても事前に確認しておくといいでしょう。
表書き、水引きや熨斗
永代供養墓の料金支払いには無地、白色のお布施袋を使います。祝い事ではないので熨斗は用いず、水引きは双銀(そうぎん)や黒白、黄白を使います。
葬式代・葬祭費の支給
「葬祭費」というのは大雑把に言うと国民健康保険に加入していた人が亡くなられたときにもらえる葬式の費用のことです。「葬祭費」を受け取れるのは葬式を行った人です。親族に限らず、国民健康保険に加入していた人の葬式を行った場合は誰でももらえるというのはこの制度の意味を象徴しています。
埋葬料の支給
亡くなられた方が国民健康保険以外の健康保険に加入していた場合、「葬祭費」ではなく、「埋葬料」という名目の料金が支給されます。