永代供養 樹木葬

永代供養の新しい形の樹木葬が注目されています!

亡くなった後に自然の一部に戻るという樹木葬が、永代供養の新しい形として非常に注目を集めています。

 

高額な費用がかからず、管理料すら不要、子どもたちに迷惑をかけずに夫婦二人で自然に還りたい

 

もしくは親族が誰もいないので誰の迷惑にもならずに樹の元に眠りたいといった願いを持つ人たちが

 

生前に予約するケースもとても多く、今では説明会を開くと同時にどんどん決まっていくような

 

状況にあると言います。

 

 

考え方はシンボルとなる樹木のもとに区画された地面に埋葬され、樹々と共に自然に還るというものです。

 

山や樹々といったものと共に永代供養されるというものですので、考え方によっては自然ある限り

 

まさに永久に供養されると言えます。

 

 

基本的にはお寺の所有する自然の一帯に埋葬されますので、お寺のご住職が供養のお勤めをされる形が

 

一般的です。

 

その他にも都や市区町村など自治体が所有する場合もありますので、探す時にはそうした窓口も

 

問い合わせてみると良いでしょう。

 

 

基本的に宗教は自由です。

 

 

立地はそれぞれ異なりますが、お寺や自治体が所有する場所になり、自然の残る土地ですので、

 

都市部ということはあまりないでしょう。

 

日本全国で樹木葬の考え方は広まりつつありますので、今後もそうした自然と一体化した霊園は

 

増えてくると想像出来ます。

 

 

樹木葬では年に1回の合同供養祭などが行われるところが多いです。

 

里山形の樹木葬もありますし、整地して芝生を張った通常の霊園と変わらない場所もあります。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養の新しい形の樹木葬が注目されています!関連ページ

永代供養とは?
永代供養墓の意味、方法、期間、年数、納骨堂などについて、なかなか理解できない詳細をご紹介します。
永代供養と無縁仏の違い
永代供養と無縁仏 ニュアンスとして似ていると捕らえられている方が多いですが、この両者の違いを説明します。
代供養墓とは?
永代供養墓と普通のお墓の違いって知っていますか?具体的にどのような部分が普通と異なっているのか説明します。
お墓のタイプ
永代供養のお墓のタイプについて説明します。大きく分けて3種類に分けられます。個別安置型・合祀型・墓石安置型です。
檀家について
永代供養 檀家について説明します。檀家というのは特定のお寺で葬祭供養を独占的に行ってもらう約束をした家系のことを言います。
合祀永代供養墓
永代供養墓が費用の面で安く済む大きな理由のひとつは合祀です。合祀型の永代供養墓は「合同墓」、「合葬墓」とも呼ばれ、永代供養墓のタイプの中ではもっとも多い供養形式です。
注意すべき規約
永代供養の注意が必要な規約について説明します。永代供養を申し込む際には規約をしっかり確認し内容を理解してから申し込むことが大切です。
確認ポイント
永代供養の相談すべきポイントについて説明します。永代供養を検討するにあたって身近に詳しく相談できる人がいらっしゃればそれに越したことはありません。
水子の永代供養
水子の永代供養と一般的な費用についてご紹介します。水子の供養ではまだ永代供養は一般的ではありませんが、寺院によっては永代供養をお願いすると、お正念を入れた小さなお地蔵さんを本堂に安置し、毎日お経を上げて供養してくれる場合もあります。
問題、トラブル
永代供養の問題、トラブルの一例をご紹介します。物品、サービスの売買においてあらゆるトラブルはつきものですが、永代供養もその例外ではありません。
メリット・デメリット
永代供養のメリットとデメリットについて説明します。一番のポイントは費用と労力ですね。また、明らかに目に見えるメリット・デメリットとは別に、宗教的もしくは精神的な問題もあります。
永代供養を行う際の服装を教えて?!
永代供養はもちろんのこと、葬儀の場においての服装の基本は黒色です。和装でも洋装でもどちらでも構わないのですが、特に亡くなった方が親族であったような場合は、漆黒が基本となります。
永代供養では戒名をつけてくれるの?
永代供養を引き受けている団体に対する問い合わせで一番多いのが、戒名をつけてもらえるのかどうかという点のようです。正式に戒名が必要な場合は、別料金で戒名をつけてもらうことも可能なようです。
永代供養はペットと一緒でも可能?
永代供養墓には、ペットと一緒に埋葬できるお墓も出てきています。飼い主にとってペットは、家族の一員も同然ですから、当たり前の考え方かもしれません。ただ、一般的には動物との埋葬ができないお墓がほとんどです。
永代供養に宗派はあるの?
永代供養をする場合、気になるのは宗派だと思いますが、ほとんどの霊園や墓地では宗派は関係ないことが多いようです。ですが、供養のお勤めをするのはお寺になるので、その墓地の方式に乗っ取ることになります。
永代供養はキリスト教でも大丈夫?
永代供養についてですが、キリスト教でも可能なのでしょうか。ほとんどの永代供養墓では、宗教や宗旨、宗派を問わないといったところが大半を占めているようです。