永代供養 服装

永代供養を行う際の服装を教えて?!

永代供養に限らず、葬儀の場では服装の基本は黒です。

 

和装でも洋装でも構いませんが、特に親族など亡くなった方に親しい人は漆黒が基本となります。

 

血のつながりのない場合はグレーや濃紺などでも失礼ではありません。

 

学生なら制服が正装ですのでそれで問題ありませんが、露出が多いようなデザインに作り変えて

 

いないことが当然ながら大前提です。

 

 

基本はスーツ姿でネクタイも靴下も黒、女性は黒のワンピースやツーピースにジャケットを着るのが

 

正式です。

 

ツヤのあるバッグや靴は使えませんので、黒でもエナメル質のものは避けましょう

 

アクセサリーも基本的にはつけません

 

女性が目立たないネックレスをする場合には、必ず一連のものにします。

 

これは不幸が続かないようにするための意味が込められています。

 

結婚指輪以外は外したほうが懸命です。

 

 

社会人になりたての若い世代は、正式な喪服を持っていない場合もあるかもしれませんが、

 

出来れば折を見て一揃え手元に置いておくのが正解です。

 

高いものである必要はありません。

 

 

社会に出ると、仕事場の中でも取引先でも、いつか不幸があることはほぼ避けられません。

 

当然ながら突然起こることですので、その時になって慌てても間に合いませんね。

 

普段使うものでもありませんし、本当に必要なのかと訝しく思うかもしれませんが、

 

持っていて良かったと思う時が来る確率のほうが、残念ながら高いです。

 

 

厳密に言うと、ハンカチも黒が正解ですが、こちらはおそらく白の無地でも失礼にはあたらないでしょう。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>

永代供養を行う際の服装を教えて?!関連ページ

永代供養とは?
永代供養墓の意味、方法、期間、年数、納骨堂などについて、なかなか理解できない詳細をご紹介します。
永代供養と無縁仏の違い
永代供養と無縁仏 ニュアンスとして似ていると捕らえられている方が多いですが、この両者の違いを説明します。
代供養墓とは?
永代供養墓と普通のお墓の違いって知っていますか?具体的にどのような部分が普通と異なっているのか説明します。
お墓のタイプ
永代供養のお墓のタイプについて説明します。大きく分けて3種類に分けられます。個別安置型・合祀型・墓石安置型です。
檀家について
永代供養 檀家について説明します。檀家というのは特定のお寺で葬祭供養を独占的に行ってもらう約束をした家系のことを言います。
合祀永代供養墓
永代供養墓が費用の面で安く済む大きな理由のひとつは合祀です。合祀型の永代供養墓は「合同墓」、「合葬墓」とも呼ばれ、永代供養墓のタイプの中ではもっとも多い供養形式です。
注意すべき規約
永代供養の注意が必要な規約について説明します。永代供養を申し込む際には規約をしっかり確認し内容を理解してから申し込むことが大切です。
確認ポイント
永代供養の相談すべきポイントについて説明します。永代供養を検討するにあたって身近に詳しく相談できる人がいらっしゃればそれに越したことはありません。
水子の永代供養
水子の永代供養と一般的な費用についてご紹介します。水子の供養ではまだ永代供養は一般的ではありませんが、寺院によっては永代供養をお願いすると、お正念を入れた小さなお地蔵さんを本堂に安置し、毎日お経を上げて供養してくれる場合もあります。
問題、トラブル
永代供養の問題、トラブルの一例をご紹介します。物品、サービスの売買においてあらゆるトラブルはつきものですが、永代供養もその例外ではありません。
メリット・デメリット
永代供養のメリットとデメリットについて説明します。一番のポイントは費用と労力ですね。また、明らかに目に見えるメリット・デメリットとは別に、宗教的もしくは精神的な問題もあります。
樹木葬が注目されています!
永代供養の新しい形として、亡くなった後に自然の一部に戻るという樹木葬が非常に注目を集めています。樹木葬は高額な費用が掛からず、管理料も不要で、誰にも迷惑を掛けたくないと願う人たちの人気を集めています。
永代供養では戒名をつけてくれるの?
永代供養を引き受けている団体に対する問い合わせで一番多いのが、戒名をつけてもらえるのかどうかという点のようです。正式に戒名が必要な場合は、別料金で戒名をつけてもらうことも可能なようです。
永代供養はペットと一緒でも可能?
永代供養墓には、ペットと一緒に埋葬できるお墓も出てきています。飼い主にとってペットは、家族の一員も同然ですから、当たり前の考え方かもしれません。ただ、一般的には動物との埋葬ができないお墓がほとんどです。
永代供養に宗派はあるの?
永代供養をする場合、気になるのは宗派だと思いますが、ほとんどの霊園や墓地では宗派は関係ないことが多いようです。ですが、供養のお勤めをするのはお寺になるので、その墓地の方式に乗っ取ることになります。
永代供養はキリスト教でも大丈夫?
永代供養についてですが、キリスト教でも可能なのでしょうか。ほとんどの永代供養墓では、宗教や宗旨、宗派を問わないといったところが大半を占めているようです。