永代供養 墓・費用・料金・相場・探し方

【解決!】永代供養Navi 永代供養についての正しい知識記事一覧

永代供養とは?意味や方法、 期間・年数・納骨堂

永代供養とは本来、お墓参りに行けない方に代わってお寺や霊園が「永代」に渡って管理や供養してくれる埋葬方法のことを指します。また、このお墓のことを永代供養墓といいますが、最近ではこの永代供養墓も従来の「お墓」のイメージとはかなり異なったものとなっています。建物のなかに遺骨を保管する納骨堂は、外につくる...

≫続きを読む

永代供養と無縁仏の違い

永代供養と無縁仏の違いとは一体何なのでしょうか。どちらとも、身寄りがいなくなった場合に寺院で供養してもらうという点では、同じ行為のようにも見えるのですが、そこには大きな違いがあります。無縁仏まず無縁仏というのは、自分の親族を含めて墓守をしてくれる人が一人もいなく、お墓の管理費などが払われないため、寺...

≫続きを読む

永代供養墓とは?普通のお墓との違い、造り

永代供養の場合、普通のお墓とは違った永代供養墓といったものが利用されるのですが、具体的にどのような部分が普通と異なっているのか、ここでは説明したいと思います。では、永代供養墓とはどんな形をしているのでしょうか?大きく分けて3種類の形があります。屋外施設型まずは、屋外施設型。大きめの石材で作られる納骨...

≫続きを読む

永代供養のお墓のタイプ 個別安置型・合祀型・墓石安置型(家族型)

一言で永代供養といっても実に様々なタイプがあります。下記に代表的なものを紹介します。個別安置型(単独墓タイプ)骨壷はひとつひとつ分かれています。通常のお墓と同じように墓石を立て、納骨します。「永代」という言葉をうたっていてもお寺によって一定の期間が定められている場合が多く期間後は「共同墓タイプ」へ移...

≫続きを読む

永代供養 檀家について

檀家というのは特定のお寺で葬祭供養を独占的に行ってもらう約束をした家系のことを言います。例えばある人が亡くなってお寺でお墓を建て、供養してもらい、檀家となった場合、その奥さんも子供も孫も同じお寺のお墓に入り供養してもらうのが普通です。こうして檀家となった家系は葬祭関係の世話をしてもらう代わりにお寺に...

≫続きを読む

費用の面で安く済み、メリットが大きい合祀永代供養墓

永代供養墓が費用の面で安く済む大きな理由のひとつは合祀です。合祀型の永代供養墓は「合同墓」、「合葬墓」とも呼ばれ、永代供養墓のタイプの中ではもっとも多い供養形式です。このタイプの永代供養墓では骨壷から出した遺骨は血縁のない人たちの遺骨とともに埋葬されます。そのため、一度遺骨が埋葬されると二度と故人の...

≫続きを読む

永代供養の注意が必要な規約について

永代供養を申し込む際には規約をしっかり確認し内容を理解してから申し込むことが大切です。永代供養に限らず多くの契約ごとにはたいていの場合、「申し込みを行った段階で規約に同意したとみなす」的な一文が添えられています。規約をよく読まずに契約し、あとになってから「知らなかった」と言ってもそう簡単になかったこ...

≫続きを読む

永代供養 事前に相談・確認すべきポイント

永代供養を検討するにあたって身近に詳しく相談できる人がいらっしゃればそれに越したことはありません。しかしながら、永代供養の需要自体が核家族化を背景にして高まっているという現実があるため、葬儀に関して詳しい知識を持っている方が身近にいないケースの方が実際には多いと思われます。また、ある程度詳しい知識を...

≫続きを読む

水子の永代供養と一般的な費用について

「水子」というのはその昔は「すいじ」と読み、死産だけでなく乳児の頃に亡くなった場合にも用いられる呼び名でした。しかし、戦後の日本で人工妊娠中絶が急激に増えたこと、檀家制度が破綻し、寺院の経営が苦しくなっていたことなどを背景に、寺院と墓石業者が協力して水子供養を宣伝し、その結果として「水子」の意味が現...

≫続きを読む

永代供養の問題、トラブルの一例

物品、サービスの売買においてあらゆるトラブルはつきものですが、永代供養もその例外ではありません。ここに一例をあげます。ある寺院で永代供養のために区画を購入した女性Aさんは同寺院の敷地内で運営する保育園の園長をしていました。そのお寺の住職は保育園の経営に参加している実績はないものの、公金を給与として受...

≫続きを読む

永代供養のメリットとデメリット

皆さんは自分の死後のことを考えたことはあるでしょうか?死後といっても「あの世」のことではありません。自分が死んだあとの「この世」のことです。具体的に言えば「お墓」のことですね。人が死ぬと、残された家族、あるいは親戚は故人のためにお墓を立てなければなりません。また、立てたお墓を適切に管理し、定期的に供...

≫続きを読む

永代供養を行う際の服装を教えて?!

永代供養に限らず、葬儀の場では服装の基本は黒です。和装でも洋装でも構いませんが、特に親族など亡くなった方に親しい人は漆黒が基本となります。血のつながりのない場合はグレーや濃紺などでも失礼ではありません。学生なら制服が正装ですのでそれで問題ありませんが、露出が多いようなデザインに作り変えていないことが...

≫続きを読む

永代供養の新しい形の樹木葬が注目されています!

亡くなった後に自然の一部に戻るという樹木葬が、永代供養の新しい形として非常に注目を集めています。高額な費用がかからず、管理料すら不要、子どもたちに迷惑をかけずに夫婦二人で自然に還りたい、もしくは親族が誰もいないので誰の迷惑にもならずに樹の元に眠りたいといった願いを持つ人たちが生前に予約するケースもと...

≫続きを読む

永代供養では戒名をつけてくれるの?

永代供養を引き受けている団体などによく寄せられる質問は、戒名をつけてもらえるのかどうかという点のようです。戒名とは仏様に弟子入りする時の名前で、本来は生前に俗世間を離れて宗教の修行をしていく中で、師となる僧から授けられるものです。そうした意味では亡くなった時に誰もがつけてもらうようなものではありませ...

≫続きを読む

永代供養はペットと一緒でも可能?

永代供養墓で、ペットと一緒に埋葬出来るお墓も出てきていることをご存知でしょうか。飼い主にとってはペットも大切な家族の一員ですから、当然の考え方かもしれません。自然の摂理ではペットのほうが先に生命を終わらせることが一般的ですから、その後も永代に渡って一緒に供養出来ると思えば、残された家族も多少心が和ら...

≫続きを読む

永代供養に宗派はあるの?

永代供養をお願いしようとした時に気になるのは宗派のようですが、ほとんどの霊園や墓地では宗派は関係ないとされています。お寺が歴史的に守ってきた墓地であれば別でしょうが、現在一般的に永代供養を受け付けているところであれば、ほぼ問題なく受け入れてくれるはずです。それでも供養のお勤めをするのはその墓地の運営...

≫続きを読む

永代供養はキリスト教でも大丈夫?

キリスト教には基本的に供養という考え方は存在しません。供養というのは、亡くなった故人を偲び、生前の故人への感謝を表すものです。仏教においては、故人がちゃんと成仏できる様に供養します。もちろん、キリスト教が故人を偲び感謝をしないというわけではありません。ただキリスト教では、神様の元に返る(帰天、昇天)...

≫続きを読む

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>