永代供養 墓・費用・料金・相場・探し方

葬儀、埋葬の種類

最近では個々人の好みにより多種多様な葬儀埋葬方法があります。

 

これらを事前に知っておくことは、自分らしい最後の生き方をクリエイトすることに繋がるのです。

 

では、簡単に葬儀、埋葬の種類を紹介します。

 

葬儀

日本で一番多いのが従来型の一般葬で、家族だけではなく、故人の知人などを呼んで行う葬儀です。

 

これに対して家族や親しい友人などだけで行うのが家族葬密葬と呼ばれるものです。

 

また通常、葬儀には宗教儀礼が伴いますが、その宗教・宗派ごとに葬儀の種類も変わってきます。

 

しかしながら、なかには宗教儀礼を行わない葬儀もあり、これを無宗教葬儀(自由葬)といい
お別れ会や偲ぶ会もこれに含まれます。

 

自分が生きているうちに葬儀を行う生前葬も必ずしも無宗教とは限りませんが、パーティー形式で
行うことが多く、著名人などの間で増えています。

 

この他、社長や会長が亡くなり、企業が運営する葬儀の社葬や複数の団体が合同で行う合同葬
あります。

 

埋葬

通常、日本では火葬にするのが一般的です。
土葬にする習慣のある一部地域もありますが、衛生面の問題から遺体をそのまま地面に埋葬
することを禁じている自治体もあります。

 

どの埋葬方法を採るにしても、まずは火葬にしてからの埋葬方法となります。

 

最近では、自然の循環への回帰、自分らしさを出したい、低予算という理由から、散骨や樹木葬
水葬、鳥葬などの自然葬が注目されてきています。

 

身内だけで火葬を行う直葬も安価で行える埋葬方法です。

 

その他、ロケットで遺骨を宇宙空間や地球の軌道上に打ち上げる、宇宙葬などのユニークな
埋葬法が登場してきています。

 

 

昨今の葬儀、埋葬は宗教色のないものが増えてきたのが特徴といえるでしょう。
同時に、合理的で利便性、個性を志向する時代に入ったといえます。

お墓の種類

お墓を選ぶということは、住宅を建てるポイントと着眼点はかなり酷似しています。

 

ですが、住居と違うのは立地場所やデザイン、価格、設備などの他に、宗旨・宗派管理という事柄も

 

肝要になります。更に一度建てたお墓を壊す、ということは出来ない点も相違点です。

 

 

つまり、住居を建てることよりある意味慎重になる必然性があるのです。

 

お墓を選ぶにはまず墓園探しから始めますが、墓園には大きく分けて3種類あります。

 

その概要について見ていきましょう。

 

 

公営墓地

都道府県や市町村などの自治体が管理・運営している墓地で、それゆえ永代使用料や管理費が

 

比較的安価という特徴があり安心感もあります。

 

当然、人気もあり抽選で決めるので、競争率が高くなかなか購入困難な状況です。

 

 

その他、申し込み条件も定められており、それらをクリアしなければなりません。

 

ただし、墓石そのものは、石材店との指定契約はないので、自分で自由に選べるというメリットも

 

あります。

 

 

民営墓地

宗教法人、または委託された民営会社、公益法人等が運営・管理している墓地です。

 

申し込み条件などもほぼなく取得が容易で、駐車場などの施設も充実しているのが魅力です。

 

また区画の広さや墓石のデザインも自由に選べますが、その墓園と契約している指定石材店で

 

購入することしかできない場合もあります。

 

もちろん、公営と比較すると永代使用料・管理費も割高になります。

 

 

寺院墓地

墓地を運営しているのが寺院であり、檀家になるのが条件です。

 

法要のあとのお参り、寺院が近くにあるケースが多いなど、管理や運営面が利便的ですが、

 

宗派・宗旨にとらわれるといったデメリットもあります。

 

また檀家としてのお布施の義務も生じます。反面、檀家ということは権利を主張することもできるのです。

 

墓石については石材店の指定があったりします。

 

 

いずれにせよ、お墓選びには、故人の宗派・宗旨、購入予算の他にも、先祖代々のお墓の有無も重要になります。

永代供養墓の選び方を教えて?!

永代供養墓を探す人が一番困るのが、どうやって探せばいいのか、選び方の正解はなんなのか、

 

さっぱりわからないことです。

 

 

永代供養墓の需要は高く、先祖代々のお墓を守っていくのが厳しくなる場合や、

 

経済的に個人のお墓を持つことは難しいという場合、さまざま事情はありますが、

 

現代社会で安心して任せられるのが永代供養墓となるのは、至極当然の流れでしょう。

 

 

それではいつどのようにどこへ相談すれば良いのというと、
 
永代供養墓を守っているお寺を中心とした各種団体へ問い合わせるのが一般的です。

 

 

その他にもお墓のことを何でも相談出来るNPO法人などの団体も出てきていますので、

 

自分がまだ元気な内にゼロから相談するには、そうした窓口を利用するのもよい選択です。

 

 

一番気にしなくてはいけないのは、

 

供養を引き受ける団体が本当に信頼出来て、しっかり永代供養を行ってくれるのかという点です。

 

 

お墓の費用やデザイン、立地、設備などに目が行きがちですが、本当に正しい選び方は、

 

まず信頼出来る相手かどうかという点に尽きます。

 

 

例えば、供養を行うべきお寺が、どこかの業者に丸投げして大々的に募集を募っているような状態では、

 

どこまで何を信用して良いのか図りかねますね。

 

 

永代供養をお願いすることと、業者からお墓という建造物を買うこととは同一のことではありません

 

 

信頼出来る供養をきちんと受けてくれるご住職、祭祀がいるかどうかは、システムとはまったく別の話だと

 

いうことを忘れないでください。

 

永代供養の総合情報

<スポンサードリンク>